• HOME
  • イベント情報
クリスマスウィッシュオーナメント
クリスマスプラン
クリスマスディナー

In the Garden 135一夜限りの『ハロウィンディナー』での思いがけないサプライズな出来事

以下はジョセフィーヌ・ニーディーさんのブログからの記事抜粋です。
当ホテル総支配人からの突然のアナウンスにより素敵な一夜の出来事が始まりました。

「実はこのハロウィーンイベントディナーに本当のサプライズがございます。本日、偶然にもお客様の中にジョセフィーヌ・ニーディーさんという世界でおひとりのオルゴールルネッサンスシンガーの方がいらっしゃいまして、急な無理なお願いにも関わらず、数曲皆さまの為に歌って下さるの快諾して頂きました。(わ~と拍手が起こる)ニーディーさんは大病を患ったばかりで、万全な状態ではないそうですが、歌って下さいます!etc...」

そして私にタッチ。普段ならたくさん話すのですが、こんばんは、と名前を言い、10カ月前にくも膜下出血になり、今もリハビリ中であることを話しました。また、日本語を忘れてしまい話すのに困難になっても、歌は普通に歌えたことを話すと、どよめきが起こりました。

そしていつものサリーガーデンを歌い始めました。

手回しオルゴールが日本で開発されたこと、こんなに素敵な楽器で、初めての人でも誰でも演奏が出来るのに、生まれてから50年弱、まったく陽の目も浴びず、いまだに誰にも知られない状態であることなどを話しました。

そして、今日はまさか人前で歌うとは1%も想像になく、くも膜下後初めてのパブリック演奏になりました、、、と話していると同時にもう声が詰まって涙がボロボロ出て、ナイアガラの滝状態でした。ああぁぁぁ、うぅっぁぅうぅゃぁぁぁぁうううううううっぅっぅぅう。

すると、大きな拍手が起こり、さらに泣かせられそうになったのですが、皆さんの温かい愛情をオルゴールと歌声に乗せてクリスマスでよくCMで耳にする「荒野の果てに」を歌いました。サビの部分を知っている方も多く、「グロォ~~~ォォオ~~ォォ」と一緒に口ずさんでいる声が大変よく聴こえました。

ハロウィンディナー
ハロウィンディナー

詳しい記事は以下のURLよりご覧頂けます。
↓↓↓
https://ameblo.jp/josephinenidy/entry-12416117551.html